未分類

CDの買取

オークションは連絡や梱包で手間がかかるのもあり、手っ取り早く現金が欲しかったため、地元のゲオに持ち込みをしました。
持ち込んだ品物はコミックやゲーム関連、トレーディングカードなど、アニメや漫画関係のものがありましたがほとんどはCDです。

アニメ系のCDに関して、1年前にアニメになった人気漫画のアニメ関連のCDは全巻がそろっていたにも関わらず、1枚一律20円での買い取りでした。買い取り価格が高かったのは、1,2カ月以内に発行された人気アニメ主にラブライブ関連のCDで流行りものだと、1枚200円になるものもありました。
アニメですべてそろっている1年以上前の古いCDは、ゲオでは低い値段での買い取りになるのでお勧めしません。
逆に、買ったばかりだけどもう聞かないと思ったCDはすぐに買い取りに出すと思わぬ高値になることがあります。

ゲーム関連のサントラCDも3年以上前の物はほとんど値段が付きませんでした。ただしアニメCDと同じで「ゼルダの伝説」や「ファイナルファンタジー」シリーズの人気のあるCDサントラはそこそこでの買い取りでした。

CDはアニメの主題歌やドラマCDは高値が付きませんでした。特にドラマCDは「おそ松さん」などの超有名アニメ以外は値段が付きませんでした。逆に映画サウンドトラックやアニソン歌手のアルバムは定価の半額以上での買い取りとなりました。アルバムは高値での買い取りが多数ありますが、シングルCDは人気の歌手でも高値が付きませんでした。ただし、シングルでも初回特典としてDVDが付いているものは別で、アルバム買い取り並みの値段がつくことがありました。

トレーディングカードは、遊戯王やポケットモンスターのカードの持ち込みをしました。封入率が低い、いわゆる「レアカード」以外は1円や高いものでも10円の買い取りでした。たくさん集めていたけれども、もう要らないから処分したいけれど捨てたくはない。でも処理するのに手間はかけたくない!という人にお勧めです。

感想としては、状態が良く人気のCD、ゲームサントラはは最高で定価の半額になることもあり、満足しています。処分したいCDがたくさんあり、少しでも高値で売りたい人にはネット買取のほうがおすすめです。
ネット買取業者はたくさんあるのでアニメに得意、ゲームサントラに得意といった業者に分けて売るのがよいでしょう。
CD買取比較

ゲオでは各店舗でたまにキャンペーンをしており、10%や20%の買い取りアップを行っているの時があるので、普段は不要になったCDやDVD、ゲームを貯めておき、キャンペーン中にまとめて持っていくのが高値で買い取りされるコツです。

未分類

ネット古本買取はおすすめです

昔から漫画が大好きで、小学生の頃からお小遣いを貯めては少女マンガや少年漫画、ある程度年齢を重ねると同人誌にも手を出していました。おかげで本棚に入りきらず溢れ返っていた漫画達を引越しを機に古本屋に売る事に。名残惜しい気持ちを心を鬼にして整理しました。

古い本はまあ、それなりの値段しかつきませんが、人気作品等は巻数さえ揃っていればそこそこの値段になるので、ネットで仕入れた知識で少しでも高く買い取ってもらえるようにと長年愛読していた漫画を綺麗にしたりしました。
その時のきっかけになったブログです。
ネットの古本買取を試してみました
大型の同人誌なんかは元々綺麗に扱っていたのでほぼ新品状態で売る事ができました。

私は本を売るとき、初めて大型古本屋さんのネットサービスを使い自宅に買い取り出張してもらいました。
操作も簡単だし、必要なだけダンボールを送ってくれたり来て欲しい時にすぐ来てくれたので本当に助かりました。合計2箱いっぱいになるぐらいの本を売ったのですが、後日指定していた口座に振り込まれていた額にびっくり。
思っていたよりも遥かに高く売れたんです。内訳はその古本屋さんのホームページで確認したのですが、やはり大量に売った同人誌と有名漫画が勝因のようでした。

本を売って思わぬ臨時収入が入ったし、部屋も片付き引越し作業も楽になったので一石三鳥ぐらいになりました(笑)

この一件以来、新しく購入した本は「もしかしたらこの本をまた古本屋さんに売るかもしれない」と思い今まで以上に大事に丁寧に扱い、帯なども捨てずに取ってあります。
査定だけしてくれるところもあるので、気軽に持ち込み、またはネットサービスを利用してみるのも良いかもしれませんね。

未分類

本のお得な処分方法はネット買取

私は引っ越すたびに大量に家の中に眠っている本を処分しています。

もともと本を読むのが好きでどんどん、思うままに本を購入していると家の中が本であふれるという状態になってしまいます。
本は紙でできているので、大量にあると本当に重いんです。

私は漫画から学術書、ビジネス関係の本までジャンル関係なく読み漁るので部屋の中はすぐに本で埋め尽くされてしまいます。
なので、自分の大事な本であっても読み返したりしない本はなるべく処分するようにしています。それでもやはり自分が気に入って購入した本ですから捨てるなんてことはしたくないというのが本音です。

一番最初にすることは古本屋に持っていって買い取ってもらうことです。

ハードカバーの本も結構あるのですが、ハードカバーの本こそ売れないということがよくあるんです。いつも感じるのはわりと高値で買い取ってもらえるのは漫画中心、それも特に少年漫画です。少年漫画はたとえ少し古くても人気のものであればわりと高値で売れるものの、少女マンガは連載が終わったりしていると人気だったものであってもすぐに値段が落ちてしまう。

少年漫画の価値は継続する傾向があるけれど、少女マンガの価値は落ちやすい。不思議なことです。
漫画以外の本は本当に売れません。
中には買い取り不可と言われて戻ってくるものもあります。

その状況を見ると、古本屋と言っても売れるメインの本は漫画で決してハードカバーの本ではないんだということがわかります。書店においておいても買う人がほとんどいなければ場所を無駄にしているのと同じことです。

買い取り不可、といわれても無料で引き取ってもらえればいいくらいです。な
かには引き取りも無理ですと言われることがありました。これは本当に悲しいことです。

もちろん、自分が本を購入する時に絶対に処分しない本を購入すればいいのですが、そんな選択は不可能に近いんです。
自分では本当にそのときはその本が欲しいし、後で処分するなんて考えてもいないんです。

ただ今回はネット買取で古本を処分してみました。
こちらのサイトに詳しく高く売れる業者が紹介してあります。
http://おすすめ古本買取.com/

今までに何回も本を処分してきました。
ネット買取のほうが明らかに買取価格が高かったですし、買取不可になることもありませんでした。
こういった現実を目の当たりにすると、もういい加減紙の本はネットで売った方が高く売れるのかなぁ、と思ってしまいます。
古本屋に行く必要にもなく売りたいものを配送業者の人が取りに来てくれるので本当に楽ちんです。

電子書籍にしてしまえば家の中に本をあふれさせることもなく、また処分しなければならない、ということもないんでが、
紙の本のほうが読みやすく好きなのでこれからも購入し続けて、いらなくなったら早めに処分しようと思います。