未分類

本のお得な処分方法はネット買取

私は引っ越すたびに大量に家の中に眠っている本を処分しています。

もともと本を読むのが好きでどんどん、思うままに本を購入していると家の中が本であふれるという状態になってしまいます。
本は紙でできているので、大量にあると本当に重いんです。

私は漫画から学術書、ビジネス関係の本までジャンル関係なく読み漁るので部屋の中はすぐに本で埋め尽くされてしまいます。
なので、自分の大事な本であっても読み返したりしない本はなるべく処分するようにしています。それでもやはり自分が気に入って購入した本ですから捨てるなんてことはしたくないというのが本音です。

一番最初にすることは古本屋に持っていって買い取ってもらうことです。

ハードカバーの本も結構あるのですが、ハードカバーの本こそ売れないということがよくあるんです。いつも感じるのはわりと高値で買い取ってもらえるのは漫画中心、それも特に少年漫画です。少年漫画はたとえ少し古くても人気のものであればわりと高値で売れるものの、少女マンガは連載が終わったりしていると人気だったものであってもすぐに値段が落ちてしまう。

少年漫画の価値は継続する傾向があるけれど、少女マンガの価値は落ちやすい。不思議なことです。
漫画以外の本は本当に売れません。
中には買い取り不可と言われて戻ってくるものもあります。

その状況を見ると、古本屋と言っても売れるメインの本は漫画で決してハードカバーの本ではないんだということがわかります。書店においておいても買う人がほとんどいなければ場所を無駄にしているのと同じことです。

買い取り不可、といわれても無料で引き取ってもらえればいいくらいです。な
かには引き取りも無理ですと言われることがありました。これは本当に悲しいことです。

もちろん、自分が本を購入する時に絶対に処分しない本を購入すればいいのですが、そんな選択は不可能に近いんです。
自分では本当にそのときはその本が欲しいし、後で処分するなんて考えてもいないんです。

ただ今回はネット買取で古本を処分してみました。
こちらのサイトに詳しく高く売れる業者が紹介してあります。
http://おすすめ古本買取.com/

今までに何回も本を処分してきました。
ネット買取のほうが明らかに買取価格が高かったですし、買取不可になることもありませんでした。
こういった現実を目の当たりにすると、もういい加減紙の本はネットで売った方が高く売れるのかなぁ、と思ってしまいます。
古本屋に行く必要にもなく売りたいものを配送業者の人が取りに来てくれるので本当に楽ちんです。

電子書籍にしてしまえば家の中に本をあふれさせることもなく、また処分しなければならない、ということもないんでが、
紙の本のほうが読みやすく好きなのでこれからも購入し続けて、いらなくなったら早めに処分しようと思います。