未分類

私の一生の友「大滝詠一 A LONG VACATION」

私がこのアルバムに出会ったのは中学生の頃でしたので、もうかれこれ30年以上のおつきあいになります。
友人たちはまだアイドルやポップスに夢中だったのですが、ラジオで聴いたこのアルバムのオープニングを飾る「君は天然色」がすっかり気に入ってしまい、アルバムを手に取ることになりました。

まず驚いたのはそのジャケットです。
今まで聴いていたのは歌手の写真が全面に押し出されていたのですが、このアルバムのジャケットは全く違いました。
何ともいえずおしゃれで涼しげなイラストにすっかり魅せられてしまいました。

そして聴き進めていくうちにさらに驚くこととなりました。
アルバムの中にはシングルカットされた曲以外はイマイチ・・・というものも、多い印象だったのですが、このアルバムは違いました。
次から次へとラジオで聴いた「君は天然色」と同じくらいの名曲揃いで、聴いた後はすっかり放心状態だったのを思い出します。

「こんな音楽があるのか・・・」。当時中学生だった私にはあまりにも強烈なインパクトを与えてくれました。

自分の部屋に居ながらにして、まるで海辺にいるかのような爽快感は味わったことの無いものでした。
当時全盛だったレンタルレコード店でこのアルバムを借りてきたのですが、これは手に入れなければいけないと、さっそく借りていたレコードを返却し、その足でレコード店に走り、レコードを買ったことは今でも覚えています。

その後時代はCDへと移り変わり、このアルバムもCDにて再販されました。
もちろん真っ先に買いに行ったのは言うまでもありません。
以来夏になると私はこのCDを引っ張り出してデッキにセットします。
毎年毎年聞き続けたので、今までの人生の分の思い出も詰まっています。
中学生で初めて出会い、高校生、大学生、社会人、そして結婚。

いつでもこのアルバムが側にありました。
「またお父さんこのCD聴いてるの・・・?」と幼い頃の娘はあきれ顔で見ていましたが、

いまでは「そろそろ大滝さんの季節だね」なんて嬉しいことを言ってくれます。
きっと彼女の心の中にもこのアルバムは残っていくのだと思います。
私の半生をともにしたこのアルバムは、残りの私の人生も色あせることなく彩ってくれる名盤だと思っています。